世界でひとつの福山

 灯台下暗しというべきか、防ぎようのない事犯ではある。福山雅治・吹石一恵夫妻の住むマンションの部屋に侵入した元コンシェルジュの初公判が8日、東京地裁で開かれた。法廷では福山の激しい感情が披瀝されたのだが、その内心は――。

初犯だから 反省しているから ではない。どんな事件でも被害者の気持ちが一番ではないのか。被害者がそう思うのは当然。確かに違う部屋にいって知らない人がいたら怖い。確かにその通り。
そう、福山の怒りが滲み出てた感を受けた。罪を犯したら罰があるのは当然。加害者は泣ける立場じゃない
自分がもし家に帰ってきて、知らない誰かが家の中に居ててその人が捕まったら懲役刑を。と思ってしまう。芸能人やからって罪を償って反省しまた応援を。って、思わないとダメなの?違う気する。人としてのモラル教育が足りないかな、日本は。おかしい人が多い。甘くするとまた似たような奴が出るだろう。厳しくして当然だと思うけどね
自分の家に全く知らない人が出入りしていたなんて恐怖以外の何物でもない。心に傷を負った福山さんや吹石さんの心情は計り知れない。ファンだから、なんてそんなの通用しない。そこは優しさ要らないところ。しっかり反省して欲しい。
福山さんの心情はその通りだと思う。本当に1回だけだったの?って疑ってしまうのは自然な事だと。でも、もう夫婦になったんだから、大事な奥さんと堂々と外歩いてもいいんじゃないかと思うんだけど、ファンはそう思わないものなのかな?