教徒から学ぶ

【9月4日 AFP】米ニューヨーク(New York)・クイーンズ(Queens)に2日、31日夜に同市で殺害された60歳のイスラム教徒の女性を悼み、大勢のイスラム教徒と同市の当局者らが集まった。ニューヨーク市警(NYPD)は強盗による犯行とみているが、遺族やイスラムコミュニティーのメンバーらはヘイトクライム(憎悪犯罪)であるとしている。

一般のイスラム教徒も、そういう目で見られてるという事対岸の火事ではない。五輪もあるし、これから移民の問題は真剣に考えなければね。
ウチの近くでも何の仕事をしてるのか分からない、彫りの深い中東系の人が昼間から携帯片手にブラブラしてる。今そこにある危機デモとか声明を出すのは構わないが、isisを止める働き掛けはしないの?同じイスラム教徒なんでしょ
過激派じゃない普通のイスラム教徒は普通の人だけどプロテスタント国アメリカからすると敵なのか、やっぱり。どう考えても60歳女性ってよほどの主義者でもない限り一般人ですけどね。高齢者&女性でもイスラム教徒なら殺していいって考えがあるのか、アメリカの一部の人の中に。ISのやってることも野蛮だけどそっちも怖いね。
イスラムに感じる恐怖は、改宗不可ということですね。これを知らずに婚姻するとトラブルになります。改宗不可というのはマルチ商法のように、破綻するまで拡大するのですね。改宗できれば縮小ということができるのですが…一方通行というのは、逃げることのできない宗教ですね。トランプが息を吹き返しそうだな・・・。イスラム凶は狂っているが、キリスト狂も大差ない一般のイスラム教徒を殺しても、テロはなくなりませんよ。