親孝行になるマツダ

マツダがスライドドアの車両開発を凍結しているようだ。当初アメリカ市場向けに開発されたミニバンのMPVはCX-9と交代し今年3月で販売終了。次期型の予定無し。2010年に登場した欧州市場を意識したプレマシーも次期型の開発を行っていない模様。

ミニバンはトヨタからのOEM調達でなんとかなる無理して開発しなくても良い海外市場で売れない車を生産する余裕はない国内で6人以上の子沢山家庭はそんなにないし空気を運ぶだけの車はマツダに必要ないでしょう
そうでもしないと潰れちゃうのよ。俺もディーゼルはミニバンと相性良いと思うんだけどねぇ~鼓動デザインじゃなくてもマツダならカッコいいの作れると思うよ。まぁ独身の俺にはどうでもい事なんだけど。
そんな事を言うならスバルはどうなんだ?そもそもミニバンみたいな運転の楽しみが皆無な車種はスバルやマツダみたいに運転の楽しみを追求するメーカーには水と油だわな。実際、スバルはエクシーガを発売したがお世辞にも力を入れているとは言えないし。プレマシーは価格含めマツダの良心の塊みたいな車だったけど残念。海外で頑張って。ようは、勝ち目がないって事。日本のメーカーでひとつふたつミニバン作らない所があっても良かろう。
会社の規模からすれば妥当な判断。あなたがミニバン作った方が良いと言うなら、作らない方がマツダにとって良いです。作らないというよりもう作れない。ラインナップしたかったらトヨタに貰えるだろうって考えかな。スライドドアも電化技術も・・・