一方、サプライチェーン筋はiPhone生産の一部が米国内に移動するのでは?とみています。

いったい、どうなることやら…。米大統領選挙に勝利したドナルド・トランプ氏が以前口にしていた、「iPhoneへの輸入関税引き上げ案」。安価な中国での生産を止め、国内生産に切り替えて雇用を取り戻そうというこのアイデアなのですが…なんとNikkei Asian Reviewの報道によると、Apple(アップル)は実際に生産メーカーに米国内での生産を打診しているというのです。

前からそういう話はあったような中国製以上にテキトーな物作られそうで怖いわ値段も今より跳ね上がるだろうしただでさえドル高になっているから高額で手が出せなくなりそう。
個人的には中国生産の安ものiPhoneより、高価でも米国生産のiPhoneのほうが喜ばしいです。組立コストなど、全体から見たら大したことはないからね。中国から仕事を取り上げましょう。。。日本製にすれば爆発しませんどこで作っても設計ミスの不具合は変わらないからiPhone の低品質は改善されないよね。でも製造コストはきっちり販売価格に上乗せされるから、ますます売れなくなる。
シャープも液晶工場がアメリカにあればさらに改善したかもね。それだと普通に今の倍の金額で販売されるオチでしょう。人件費が安いから中国で生産してんだからね。
Mac Pro が Assembled in USA を一つのウリにしてた実績があるので、アップルにとっても米国で生産する発想は全くあり得ない話ではないだろう。実現の際には Mac Pro のように価格の高い少し特別なモデルが登場するかも。