■心の病気とは気づかれにくい無気力状態

誰にでも、何もしたくないような無気力な気分になることはあるものです。例えば睡眠時間が全然足りず、ひどく疲れているような時は、新しいことを始めるバイタリティーは沸かないでしょう。しかし、そんな時はとりあえずしっかりと仮眠でも取れば、元の状態の自分に戻れるもの。

病んだココロは本人にすら正確に把握できない。医者に行くのも一つの方法なんだろうけど問題は向精神薬でできる事は抑える事だけなんだよ。
本当にやる気が出ないですね。何もする気が起きません。人と話すのも面倒だし、物を食べるのも空気を吸うことさえ億劫です。欲求があるとしたら、お酒ぐらいですかね。生まれてこの方ずっとクランプ状態です。やっぱり心の病気なんでしょうか。
精神疾患はその人の訴えから医師は診断するけど症状をきちんと伝えるのも難しいから診断も難しいと思います。認知症と同じで家族が一緒に伝えることが必要な場合もあります。特にパーソナリティー障害がある場合は職場でもかなり周りに迷惑かけていると思いますが本人は自覚ないことが多いです。かなりそういう人は多いように感じます。波というのは確かにあります。他人事ではないと感じる。自分で作ってしまう症状もありそう。まず睡眠を摂って、数日様子みよう。