また、降級馬の5割以上が1年以内に勝利。

 4歳馬の収得賞金が夏番組に切り替わった時点で半額となる今の降級制度が、来夏廃止される見通しだ。JRA、日本調教師会への取材で明らかになった。廃止が決まれば、夏競馬においてファンの間では浸透している“4歳降級馬狙い”の作戦が通用しなくなる。

確かに一時期は降級馬いたらそれ軸に買ってたわしかも大半勝つし。ビキナーは条件戦ではなくメインレースの重賞で購入する人がほとんどでは?廃止しようがしまいが大して変わりない。
個人的には昔の3段階方式(例 4歳500万5歳1000万6歳以上1500万)の時代が好きだったどちらにしても、条件とか番組を頻繁に変えるのは良くないそれより降着制度を見直してほしい。
もう長い事見ているが、仕組み的に降級は必要かと思う。これが無いと、現状より上のクラスに上げない「ひっぱり」が横行し賭博性が危うくなる気がする。正直、客目線で見ても3歳時にOPに上ってグダグダになってしまうのは見ていて悲しいし陣営も勝算無しでは引退止む無しになり兼ねない。賞金が上がることを期待しているのかも知れないけど、そうはならないと思うせいぜいハンデ戦が増えるだけでは?個人的にはデメリットの方が多いように思う
降着ルールの変更とか、一昨年の2歳重賞増加とか、ホープフルステークスのG1昇格とか、今回のとか、JRAの施策はファン目線と全然違う気がする。売上が好調だから勘違いしてるのかな・・