絶頂期の1か月の給料が1億円を超えていたことを否定せずに、共演者を驚かせた。

 タレントの山田邦子(56)が1日、大阪・カンテレで放送された情報番組「よ~いドン!」(関西ローカル)にゲスト出演。絶頂期の1か月の給料が1億円を超えていたことを否定せずに、共演者を驚かせた。 「オレたちひょうきん族」で人気者としての地位を確立し、冠番組などレギュラーを14本も抱えていた時代の話題になると、共演の円広志(63)らが突っ込むのはギャラの話。

バブってた時代だから今の1億とはまた違うんだろうけど半端ないな俺たちには分からないけど凄い儲けだね。最近は昔話をするタレントばっかで,番組の平均年齢が上がった気がする
正直紳助とかさんまは年収にしたらよゆうで数十億だろうな本人は否定してたけど山田邦子で月1億ならその何倍も貰ってただろうな芸能人の給料は破格だからね…。夢あるよね。岡本夏生も生涯50億稼いだなんて言うから…。中山ヒデとかずっと稼いでるよね…それぐらい稼いでいたでしょうね。
その頃はテレビ界も「バブル絶頂期!」だったのですね。今の子はわからないかもしれんけど、よく出てたもんね新番組やっても人気出ちゃうし引っ張りだこだったもんね特にバブルの時期も重なっただろうから、凄かっただろうな・・バブルはほんと狂乱に近かったからな・・
山田邦子なんて、全盛期ですら一度も面白いと思ったことないけど…競合タレント(女芸人)が少なかったのとテレビ局の景気が良かったことで、この金額になったんだろうな。