趣味の域から職業の域へと進化を遂げた「プロコスプレイヤー」。

 趣味の域をはるかに超えた活動をするコスプレイヤーがいる。その名も、火将ロシエルさん。なんと「プロ」のコスプレイヤーとして活動しているそうだ。 「作品を作っているゲーム会社さんとか企業さんから直接お仕事を頂きます。

この前のマリカーの問題と同じで商売として利用するのであれば灰色じゃすまされないからね。その辺も踏まえて文化として定着出来ればいいんだけどね。プロになると、失う物も大きいと思うよ。
コスプレは趣味で十分楽しいと思う。プロになったら海外にも行くことにもなるし、大変だよ。コスプレイヤーも芸人とかアイドルとあまり変わらないような気がするな需要があるものは職業として行くべきだな企業からお呼びがかかるって事はクオリティはプロフェッショナルって事だしな
プロコスプレイヤーの朝は早い…まぁ企業としては楽に依頼出来てええんやろな個人とか領収書出るのかも分からんし仕事になると次元が違う お金もらうから大変だと思うどれも これも 絵にらない…外人の方が よっぽど似合う。
芸能プロダクションに高いコンパニオンを頼まないでいいから、依頼する企業は嬉しいのかな。でも、30万円って、結構いい値段な気がする。