だが、一般の消費者にはそれをチェックするのは無理だ。

● てるみくらぶ破綻で悲鳴噴出 予兆は見抜けなかったのか? 格安旅行会社「てるみくらぶ」が破綻した。約3万6000件、99億円分の旅行申し込みが利用不能になり、海外旅行中の2500名が現地でホテル代の支払いなど二重の出費を強いられている。

宅配便でももやしでも、何でも安ければいいと思ってしまうが、誰かの苦労の結果なんだよね。でも、景気が悪いとやっぱりやすいものを求めてしまうっすよね。
賢い消費者のつもりで原価、原価うるさい人は気をつけた方が良い
いままでてるみくらぶ結構利用してたけど昔から、現金振込み一週間以内にだったから、てるみくらぶはそれが普通だと思ってた確かに他と違ってた去年のこの時期だったら被害者だった来年も利用するはずだったけど、来年はJTBにしよう極端に安いものにはやっぱりワケがあるのですね…安けりゃー良いっていうものでもない気がする。安けりゃ安いほど訳がある・・・・やっぱり安いものにはそれなりの理由とリスクがあるって事だね
格安を煽るように取り上げていたマスコミにも責任はあると思う『格安』に飛び付いてる時点で、既に賢い消費者ではない。賢い消費者は『格安』の訳をまず考えるよ。格安というのは何かの犠牲の上に成り立ってる。それをよく考えないといけないと思う