試合後、矢野コーチは「一番は晋太郎(藤浪)を守ることやから。

 「阪神1-3ヤクルト」(4日、京セラドーム大阪) 指揮官の怒りも勝利には結び付かなかった。五回、藤浪が畠山に与えた死球を巡って両軍入り乱れた乱闘騒ぎに発展。阪神・金本知憲監督(49)も騒動の輪の中で鬼の形相を見せたが、反撃は糸井のソロ一発だけに終わった。

藤浪の投球にイライラしていたのは観客もだし、どう見ても藤浪のコントロールの悪さが原因でしょう!
藤浪がコントロール悪いのは今に始まったことではないけどね。それにしても藤浪が危険球退場しなかったが不思議でしたわ。今年は違う意味でヤクルト阪神注目です監督まで応戦しちゃいけない金本監督、喜怒哀楽を出すのはいいけどもうちょっと落ち着いてください。
藤浪に限らず開幕から四球が多いけど、毎試合のように失策出てたら投手も必要以上に気を使って投げてるんやないかな?どうみても怒るのはヤクルト側だろう!?審判の裁定も阪神寄りだし、報道も阪神目線!!金本監督もあそこで藤波を引っ込めるくらいして欲しかったな!!
WBCで小久保監督では経験も無いし て言う前に、金本監督では もっとダメでしょう。経験どころか、野球を知らなすぎる。笛吹けども踊らず思うように、チームに火が付きませんねそもそも、ブキャナンを攻略出来なかったところが敗因だったと思う。苦手投手は作って欲しくない。次はしっかりと対策して欲しい。