まず、人は他人と接触するとき、無意識のうちに物理的な距離を置き、個人空間を守ろうとします。

「あなたのストレス源は?」と質問すると、「仲良しグループのおつきあい」「一対一の濃すぎる関係」など、仲の良い身近な人間関係を挙げる人はとても多いもの。たとえば職場では、「昼休みや飲み会でグチ大会になるのがイヤ」「周りに調子を合わせなければならないのがつらい」……。

何でも適当が必要だな〜。元々ベッチャリした関係が苦手。どうでもいい事ばかり干渉してくる小姑みたいなタイプいるよね。人の事より自分の心配だけしてればって思う。
他人からの評判や評価なんて犬にでも食わせてやればいいさ。こう思い始めると、君らの人生変わるぜ。距離もなにも誰も居ないと言う最悪の状態を想定していないな。
意識するなら精神的距離を取るか、取らないかだね。仕事の関係ならば、必要以上の話をしない。そう最初に決めてしまうのが距離を取るということ。自分でコントロールするビジネスライクな関係。今は個人情報という便利な言い訳がある。それが合わなければ距離を取らなければいい。でも相手との駆け引きになるから、距離は自分の意思だけでは決定できない。どちらが精神的健康を保てるかって問題だね。
入学した高校が地元中学出身者ばかりで昼食時に皆が机を輪にしていて自分だけがまるで転校生の様に孤立した事には驚きました。地元の高校にすればと…天と地の差で人間関係最悪でした他に自分が否定される環境から自分に合った環境で評価が認められ伸びた事がありますのでマイナスになる関係は早めに切った方が自分の為です。例えば自分に原因がない場合に相手に無視されるケースは相手に問題がありそんな事で悩まずパスして下さいね☆