共通部分は、在来線向けに増設する11番線ホームと新幹線用の1番線が対象となる。

 2030年度に延伸する北海道新幹線の札幌駅ホームについて、建設主体の鉄道建設・運輸施設整備支援機構が11日、一部工事の設計業務の受注業者に日本交通技術(東京)を選定し、本格的な設計などに着手したことが分かった。

駅ビルの一部削ったら利便性重視しないと利用者減ると思わないのかな。新幹線の東京駅のホームが神田にあったら不便ですよね。JR北海道のイマイチな対応の話を聞く度に、応援する気持ちが失せてくるんだよね。
昔の地平ホーム跡地を新幹線施設に転用するって、高架化が完成した時に聞いたけど、あれだけビル建ててどうするんだろうと思ったらこんな顛末が待ってるとは赤字会社なんだからコストを掛けない方法で模索した方がいいのでは?それにしても、きちんとした計画が出来上がる前に工事始めて大丈夫?結局無駄遣いなんて事にならないようにしてくださいね。
1、2番線案でいいと思う。減便なんてできるでしょ安く済むならそれに越した事はないが、ここはケチる場面ではない。
いちおう200万人が住む街だからねえ。整備にはそれなりの時間がかかるのはやむおえない。また、整備新幹線計画ができた当時と比べて、札幌、札幌圏の人口が大幅に増え、新幹線札幌駅の利用想定人員がはるかに増えたのだから、計画変更はしょうがない。少しぐらい揉めたとしても、最新の想定にあった駅を作らないと、後々大変なことになるだろう。