フィリピン船籍のコンテナ貨物船は、イージス艦の右後方から衝突したとみられている。

 米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)に所属するイージス駆逐艦フィッツジェラルドの乗組員7人が行方不明となった衝突事故で、数人の遺体が18日、艦内から発見された。激しく傷ついた同艦の前で、米第7艦隊のジョセフ・アーコイン司令官は、「彼らを失ったことは悲しい」と哀悼の意を表し、「家族や他の乗組員への支援に集中したい」などと語った。

報道は正確に!右に見る船は進路を避けなければいけないけど、右に曲げるとは書いてない!止まったっていい。調べずに書くからミスがおきます。衝突予防法の15条を読みましょう。
中国は体当たり戦法に意を強くしたことでしょうね。ダメージコントロールで沈没を回避できたことは日頃の訓練の賜物。アジア太平洋地域の安定と平和維持に貢献された船員の方々に犠牲者が出たことは残念です、お悔やみ申し上げます。
アメリカ側が強く言わないのは、非があるんだろうなー。
こういう会見の時って相手国の非をあげつらう場合が多いが、かなり慎重な言葉を使っている。アメリカ軍が公平で大人なのか、それともかなり不味い状況なのか。お互い隠しだてせずに事故原因の究明をしていただきたい。沈没ギリギリのとこだったという事か。恐るべし、フィリピン貨物船の破壊力。隔壁閉鎖で閉じ込められたから死んじゃったんだろうね・・・。沈没を防ぐためとはいえ、想像するだけで恐ろしい・・・。